top of page
loader,gif

diary

6月1日(土)

 

 6月に入りました。本年度8回目の授業日です。今日は朝から子どもたちも何だかそわそわしていて落ち着かない様子・・・。というのも、今日は楽しみにしていた「スポーツデー」、朝から雨もちらつき天気も良くないのですが、ベルギーの雨はそんなに強く降ることもなく、またスポーツデーは今までに中止したことがないという話も聞いていますので、10時には決行することを決めました。子どもたちも決行の結果を聞いたときには安心したようです。とにかく競技中に雨だけは降らないよう祈るのみです。ということで今日はスポーツデーに向けた最後の練習日。いつもよりも気合の入った練習に取り組んでいたようです。

P6010058.JPG
P6010088.JPG
P6010074.JPG

 さて、たとえ昼からスポーツデーがあろうとも、勉強にはしっかり取り組むのが補習校です。どのクラスもしっかり学習していましたが、小学部2年生は、国語の合同学習に取り組んでいるところでした。単元名は「かんさつ名人になろう」。先生たちが準備してくれたパプリカやナスなどを細かく観察しながら、その様子を文章で表現します。意識をしていなかったらつい見逃してしまうような野菜の特徴も、今日は一生懸命観察していました。子どもたちも実物が目の前にあるとテンションもあがるみたいですね。目をキラキラさせながら勉強に取り組んでいましたよ。

P6010045.JPG
P6010042.JPG
P6010032.JPG

 さて、11時くらいから雨もやみ、スポーツ委員さんや親父の会の皆さんが、てきぱきとあっという間に準備をしてくださいました。その手際の良さにびっくり!

 昼食は多くの方が体育館でとられていたようです。コロナ後の日本では、運動会も午前中になった学校も多く、家族そろって昼食をとる場面はなかなか少なくなったのですが、この日の体育館は古き良き日本を見ている感じでとてもステキでした。

P6010067.JPG
P6010095.JPG

 さあ、いよいよスポーツデーの始まりです。

 たくさんの保護者の皆さんや来賓の皆さんに応援されて、いつも以上に張り切って協議に参加していました。特に「台風の目」は、私もずっと見てきたのですが、コツをつかんだのかやればやるほど上手になってきてて、本番ではすごいスピードの台風が通り過ぎていきました。中には早すぎて吹き飛ばされる子もいてハラハラドキドキでした。また、競技の最後を飾ったリレーはこれまた迫力十分、特に中学部の走りはさすが!の一言。本当に見事な走りっぷりでした。

P6010098.JPG
P6010109.JPG
P6010111.JPG
P6010130.JPG
P6010167.JPG
P6010164.JPG
P6010177.JPG
P6010196.JPG
P6010201.JPG

 スポーツデーの最後は得点発表!赤白共に良く頑張っていましたが、スポーツの世界で勝ち負けがついてしまうのは仕方ありません。今回は白組が勝ったということですが、勝ち負け以上に閉会式で話したように、友達を一生懸命応援する皆さんの姿はとてもかっこよかったです。

​ 最後はこのイベントのためにずいぶん前から準備をしてくださった保護者の皆さんに大きな声でお礼を伝えました。スポーツ委員さんをはじめとする保護者の皆様、本当にありがとうございました。

6月8日(土)

 

 本年度9回目の授業日です。先週はスポーツデー、お疲れさまでした。今日の朝は「読み聞かせ」、本年度初の試みとなりますが、担任の先生以外の先生による読み聞かせを行いました。どの先生がくるのか聞いていなかった子どもたちは、朝からワクワクドキドキ・・・始業式の担任発表を待ち構えているようなワクワク感があったようです。また普段と違う先生だったので緊張感もあったのか、いつもよりもしっかり集中して、読み聞かせに参加していたようです。また先生方からも、今まで担当したことがない学年の様子を見ることで勉強になると共に、以前担当した子のう~んと成長した様子なども見ることができ、とても貴重な体験となったようでした。次の読み聞かせは11月23日、この日は中学部の子どもたちに小学部の子どもたちのところへ行って、子どもたち同士の読み聞かせを行う予定です。これまた中学部の子どもたちがどのような読み聞かせをしてくれるのか今から楽しみです。

​ また、この日、小学部2年生で読み聞かせを行った「ぐるぐる回る回文ニュース」ですが、この本の作者であるせとちとせさんが補習校図書委員の松本さんのご親戚にあたるということで、この本をサイン入りで寄贈してくださいました。今後、学校の図書室に置いておきますので、ぜひ読んでみてください。

P6080042.JPG
P6080029.JPG
P6080032.JPG
P6080022.JPG
P6080027.JPG
P6080036.JPG
P6080013.JPG
P6080015.JPG
P6080010.JPG
P6080011.JPG
P6080006.JPG
P6080007.JPG
P6080018.JPG
P6080012.JPG

 さて、中学部1年生の国語、「ちょっと立ち止まって」という単元では、目の錯覚による題材を扱いながら、ものの見方や新たな発見の喜びについて学んでいるところでした。私も「ちょっと立ち止まって」授業を見ていましたが、一枚の絵でも見方を変えると全く違うものになってしまいます。逆に脳が一度見方を変えてしまうと、次はもうそうにしか見えず困ってしまうということもあるようです。人間の脳って本当にすごいんだなってあらためて感じました。子どもたちも新たな見方による驚きがたくさんあって、楽しそうでした。

P6080126.JPG
P6080123.JPG
P6080124.JPG

 また、この日は午前中は日本人会主催の「護身術教室」、昼からは補習校主催の「補習校漢字検定」がありました。両方ともに15名に満たないくらいの参加者でしたが、どちらも参加されている方は一生懸命でしたよ。特に漢字検定は、1点でも多くとろうと、最後まで一生懸命頑張っていました。合格は80点、合格した人には、次の授業日に合格証を渡す予定です。何点取れたのか楽しみに待っていてくださいね。

P6080121.JPG
P6080138.JPG

6月15日(土)

 

 本年度10回目の授業日、夏休みがちょっとずつ近づいてきて、子どもたちもほんの少しワクワクしているような気がします。いい夏休みを迎えるためにも、残り少ない日々、しっかり勉強をしましょう!

 さて、今日の2時間目には「避難訓練」を実施しました。昨年度は不審者が校舎に侵入したことを想定し、「セーフティールーム」に逃げる練習でしたが、本年度は通常の火災による避難訓練です。家庭科室から出火した場合、どのように逃げればいいのかの確認を行いました。また、「お・か・し・も」の話をして、避難した場合には、絶対に「おさない・かけない・しゃべらない・もどらない」の確認を行いました。子どもたちは真剣に話を聞いてくれていたようです。ただそこでも話をしましたが、何かあったときに、自分の命を守ることができるのは自分だけです。様々なきまりにとらわれず臨機応変に、命を守るにはどのような行動をとるべきか、正しい判断のもと動くようにとの話をしています。真ぁ、何よりも、このような訓練が役に立たないのが一番いいのですが・・・

P6080121.JPG
P6080121.JPG
P6080121.JPG

 中3の国語では、よくみんなで様々な問題について語り合う場面をよく見かけます。社会問題となっている大きな話題を扱っているため、ここで答えが出ることはなかなか難しいのですが、子どもたちなりに考えを深め、またこれからどのような社会を作っていけばいいのかを考える良いきっかけになっている気がします。この日にスピーチをした二人は、「原子力発電の必要性について」と「どうして戦争がこの世からなくならないのか」といったテーマについて話をしてくれました。二人とも身近なところから世界的な問題まで発展させ、今後どのような世の中にすべきかといった話までしてくれて、非常に頼もしさを感じました。今の日本の政治家に聞かせてあげたい、と思いながら聞いていました。こういった討論を繰り返しながら、子どもたちの思考力や表現力が高まっていくのでしょうね。次回の中3のスピーチも、楽しみにしています。

P6080121.JPG
P6080121.JPG
P6080121.JPG

 さて、校舎を回っていると、様々な補習校の掲示物にも目がいきます。今回は小4の「アップとルーズについて」と小5の「俳句コンテスト」について掲示してありました。また全日の子どもたちも、図工の作品を中心に、たくさん掲示してあるようです。このような掲示物から学ぶこともたくさんあります。どうぞ校舎に来られた際には、子どもたちの作品もたくさん見てあげてくださいね。

P6080121.JPG
P6080121.JPG
P6080121.JPG
loader,gif

diary

6月1日(土)

 

 6月に入りました。本年度8回目の授業日です。今日は朝から子どもたちも何だかそわそわしていて落ち着かない様子・・・。というのも、今日は楽しみにしていた「スポーツデー」、朝から雨もちらつき天気も良くないのですが、ベルギーの雨はそんなに強く降ることもなく、またスポーツデーは今までに中止したことがないという話も聞いていますので、10時には決行することを決めました。子どもたちも決行の結果を聞いたときには安心したようです。とにかく競技中に雨だけは降らないよう祈るのみです。ということで今日はスポーツデーに向けた最後の練習日。いつもよりも気合の入った練習に取り組んでいたようです。

P6010058.JPG
P6010088.JPG
P6010074.JPG

 さて、たとえ昼からスポーツデーがあろうとも、勉強にはしっかり取り組むのが補習校です。どのクラスもしっかり学習していましたが、小学部2年生は、国語の合同学習に取り組んでいるところでした。単元名は「かんさつ名人になろう」。先生たちが準備してくれたパプリカやナスなどを細かく観察しながら、その様子を文章で表現します。意識をしていなかったらつい見逃してしまうような野菜の特徴も、今日は一生懸命観察していました。子どもたちも実物が目の前にあるとテンションもあがるみたいですね。目をキラキラさせながら勉強に取り組んでいましたよ。

P6010045.JPG
P6010042.JPG
P6010032.JPG

 さて、11時くらいから雨もやみ、スポーツ委員さんや親父の会の皆さんが、てきぱきとあっという間に準備をしてくださいました。その手際の良さにびっくり!

 昼食は多くの方が体育館でとられていたようです。コロナ後の日本では、運動会も午前中になった学校も多く、家族そろって昼食をとる場面はなかなか少なくなったのですが、この日の体育館は古き良き日本を見ている感じでとてもステキでした。

P6010067.JPG
P6010095.JPG

 さあ、いよいよスポーツデーの始まりです。

 たくさんの保護者の皆さんや来賓の皆さんに応援されて、いつも以上に張り切って協議に参加していました。特に「台風の目」は、私もずっと見てきたのですが、コツをつかんだのかやればやるほど上手になってきてて、本番ではすごいスピードの台風が通り過ぎていきました。中には早すぎて吹き飛ばされる子もいてハラハラドキドキでした。また、競技の最後を飾ったリレーはこれまた迫力十分、特に中学部の走りはさすが!の一言。本当に見事な走りっぷりでした。

P6010098.JPG
P6010109.JPG
P6010111.JPG
P6010130.JPG
P6010167.JPG
P6010164.JPG
P6010177.JPG
P6010196.JPG
P6010201.JPG

 スポーツデーの最後は得点発表!赤白共に良く頑張っていましたが、スポーツの世界で勝ち負けがついてしまうのは仕方ありません。今回は白組が勝ったということですが、勝ち負け以上に閉会式で話したように、友達を一生懸命応援する皆さんの姿はとてもかっこよかったです。

​ 最後はこのイベントのためにずいぶん前から準備をしてくださった保護者の皆さんに大きな声でお礼を伝えました。スポーツ委員さんをはじめとする保護者の皆様、本当にありがとうございました。

6月8日(土)

 

 本年度9回目の授業日です。先週はスポーツデー、お疲れさまでした。今日の朝は「読み聞かせ」、本年度初の試みとなりますが、担任の先生以外の先生による読み聞かせを行いました。どの先生がくるのか聞いていなかった子どもたちは、朝からワクワクドキドキ・・・始業式の担任発表を待ち構えているようなワクワク感があったようです。また普段と違う先生だったので緊張感もあったのか、いつもよりもしっかり集中して、読み聞かせに参加していたようです。また先生方からも、今まで担当したことがない学年の様子を見ることで勉強になると共に、以前担当した子のう~んと成長した様子なども見ることができ、とても貴重な体験となったようでした。次の読み聞かせは11月23日、この日は中学部の子どもたちに小学部の子どもたちのところへ行って、子どもたち同士の読み聞かせを行う予定です。これまた中学部の子どもたちがどのような読み聞かせをしてくれるのか今から楽しみです。

​ また、この日、小学部2年生で読み聞かせを行った「ぐるぐる回る回文ニュース」ですが、この本の作者であるせとちとせさんが補習校図書委員の松本さんのご親戚にあたるということで、この本をサイン入りで寄贈してくださいました。今後、学校の図書室に置いておきますので、ぜひ読んでみてください。

P6080042.JPG
P6080029.JPG
P6080032.JPG
P6080022.JPG
P6080027.JPG
P6080036.JPG
P6080013.JPG
P6080015.JPG
P6080010.JPG
P6080011.JPG
P6080006.JPG
P6080007.JPG
P6080018.JPG
P6080012.JPG

 さて、中学部1年生の国語、「ちょっと立ち止まって」という単元では、目の錯覚による題材を扱いながら、ものの見方や新たな発見の喜びについて学んでいるところでした。私も「ちょっと立ち止まって」授業を見ていましたが、一枚の絵でも見方を変えると全く違うものになってしまいます。逆に脳が一度見方を変えてしまうと、次はもうそうにしか見えず困ってしまうということもあるようです。人間の脳って本当にすごいんだなってあらためて感じました。子どもたちも新たな見方による驚きがたくさんあって、楽しそうでした。

P6080126.JPG
P6080123.JPG
P6080124.JPG

 また、この日は午前中は日本人会主催の「護身術教室」、昼からは補習校主催の「補習校漢字検定」がありました。両方ともに15名に満たないくらいの参加者でしたが、どちらも参加されている方は一生懸命でしたよ。特に漢字検定は、1点でも多くとろうと、最後まで一生懸命頑張っていました。合格は80点、合格した人には、次の授業日に合格証を渡す予定です。何点取れたのか楽しみに待っていてくださいね。

P6080121.JPG
P6080138.JPG

6月15日(土)

 

 本年度10回目の授業日、夏休みがちょっとずつ近づいてきて、子どもたちもほんの少しワクワクしているような気がします。いい夏休みを迎えるためにも、残り少ない日々、しっかり気合を入れて勉強をしましょう!

 さて、今日の2時間目には「避難訓練」を実施しました。昨年度は不審者が校舎に侵入したことを想定し、「セーフティールーム」に逃げる練習でしたが、本年度は通常の火災による避難訓練です。家庭科室から出火した場合、どのように逃げればいいのかの確認を行いました。また、「お・か・し・も」の話をして、避難した場合には、絶対に「おさない・かけない・しゃべらない・もどらない」の確認を行いました。子どもたちは真剣に話を聞いてくれていたようです。ただそこでも話をしましたが、何かあったときに、自分の命を守ることができるのは自分だけです。様々なきまりにとらわれず臨機応変に、命を守るにはどのような行動をとるべきか、正しい判断のもと動くようにとの話をしています。真ぁ、何よりも、このような訓練が役に立たないのが一番いいのですが・・・

P6150074.JPG
P6150052.JPG
P6150054.JPG

 中3の国語では、よくみんなで様々な問題について語り合う場面をよく見かけます。社会問題となっている大きな話題を扱っているため、ここで答えが出ることはなかなか難しいのですが、子どもたちなりに考えを深め、またこれからどのような社会を作っていけばいいのかを考える良いきっかけになっている気がします。この日にスピーチをした二人は、「原子力発電の必要性について」と「どうして戦争がこの世からなくならないのか」といったテーマについて話をしてくれました。二人とも身近なところから世界的な問題まで発展させ、今後どのような世の中にすべきかといった話までしてくれて、非常に頼もしさを感じました。今の日本の政治家に聞かせてあげたい、と思いながら聞いていました。こういった討論を繰り返しながら、子どもたちの思考力や表現力が高まっていくのでしょうね。次回の中3のスピーチも、楽しみにしています。

P6150047.JPG
P6150046.JPG
P6150043.JPG

 さて、校舎を回っていると、様々な補習校の掲示物にも目がいきます。今回は小4の「アップとルーズについて」と小5の「俳句コンテスト」について掲示してありました。また全日の子どもたちも、図工の作品を中心に、たくさん掲示してあるようです。このような掲示物から学ぶこともたくさんあります。どうぞ校舎に来られた際には、子どもたちの作品もたくさん見てあげてくださいね。

P6150024.JPG
P6150059.JPG
P6150057.JPG

 さて、今は昼食の場所として校庭と2年生教室を開放していますが、雨天時や面談で教室が使えないということもあるようですので体育館も昼食場所として開放するようにします。ただごはん等を落としたままにすると月曜日の全日の授業に迷惑をかけてしまうため、敷き物を必ず持ってくるようにお願いします。さらに昼食時のゴミは、必ず持ち帰るようご協力をお願いします。また、校舎内でのおやつに関しては禁止としています。ご理解の上、ご協力をお願いします。

bottom of page