Avenue des Meuniers 133, 1160 Auderghem, Brussels, Belgium
TEL: +32-(0)2-672-1038     FAX: +32-(0)2-672-9527
MAIL: office@japanese-school-brussels.be


 
ブラッセル日本人学校TOP 校長室より
校長室より No.17

 

『はる』といったら・・・(2年生国語の授業より)

 

「『はる』といったら・・・みんなは,どんなことやものが頭に浮かんできますか?
考えてみましょう。」

『ああ・・・ぼくは,あれだね。』『わたしは・・・・・・』

「それでは,手を挙げて,みんなに教えてください。『はる』といえば・・・」

『ハイ,私はチョウチョだと思います。』

「なるほどね。」

『つくしです。』『チューリップです』

子どもたちの思いつくものが,どんどん出てきます。担任が指名し,私が黒板に書いていきます。


『ぼくは青空です。』

「そうか,ブラッセルは冬の間,なかなか青空が見えないからね。
青っていう字はもう習ったっけ?」

『うん,習ったよ,空もみんな書けるよ。』,『ぼくも!』,『わたしも!』

 

『おひなさまです。』,『タンポポです。』,『虫やどうぶつが冬眠から出てきます。』

次々と出てきます。

 

なかには,こんな情緒のあるものも・・・『はるの雨です。』「いいねえ!」

 

そのうち関心は食べ物に・・・

『さくらもちです。』,『よもぎだんご』,『くさもちもあるよ。』,『ひなまつりだから,ひなあられ』
『三色だんご』

「三色だんごって何色だったかなあ?」

『ピンクときみどりと白だよ!』

 

『はるになると、冬に着ていた服とちがってTシャツなんかを着ます。』

「そうだね,そういうのをころもがえって言うんですね。」

『あ、ぼく,その言葉知ってる。』『私も!』

国語の授業らしいシーンです。

 

『ホワイトアスパラ』,『転校生』,『花粉症』

2年生とは思えない豊かな発想がぞくぞくと。全員発表しても,まだまだ尽きません。

『こうちょうせんせいの答えはなになの?』

「いちご,だったんだけど,誰かに先に言われちゃったなあ。」

 

『はるになると工事がふえます。』

「本当だ!冬の間は工事はほとんどないのに,春が来るといろいろな場所で工事が始まるね。よく考えましたね!」

 

『冬の間は,朝がくらくて色も何も見えないけど,はるになると朝早くから明るくて,いろんな色が見えます。』

『それは,サマータイムだよ。』

(すばらしい! ここでの生活と結びついている・・・)

 

「もうありませんか?」

『えーっと,ふきのとうです。』

(しめしめ,やっと出たぞ)今日は教材『ふきのとう』の導入の時間。

 

ここまできたところでカリヨンが鳴りました。

「それでは,次の4時間目は天気もいいので,外に出て生活科でじっさいの
『はるさがし』をしましょう。」

『よーし,いっぱい見つけるぞ~。』

「いっぱい春を見つけるんだよ。今の国語の時間にみんなが発表した『はる』も見つけようね! でも,三色だんごは見つからないと思うけどね。」



No.16   《     No.17     

















 ページの先頭に戻る


     ・学校へのアクセス   ・転入学資料   ・サイトマップ
        Copyright
©2010  Japanese School of Brussels. All rights reserved.