TEL: +32-(0)2-672-1038     FAX: +32-(0)2-672-9527
MAIL: office@japanese-school-brussels.be


 

 
ブラッセル日本人学校TOP 校長室より

本年度の学校教育目標

「世界を視野に入れ,人を大切にする児童・生徒を育てる。」

 本年度の学校教育目標は,「世界を視野に入れ,人を大切にする児童生徒の育成」です。

世界を視野に入れるには,世界の出来事や問題を知識として身につけることだけではなく,世界という広い舞台を意識して考え行動できる力をつけないといけません。そのためには,各学年の各教科で学ぶことをしっかりと身につける必要があります。それを基礎にベルギーにいるからこそ経験できることから学び,世界を視野に入れることができる力を育んでいきます。

また,世界中の一人ひとりが地球人として存在していることを理解するには,その一人ひとりを大切にする心を持たないといけません。それは,身近にいる人を理解してその人の心を大切にすることから始まります。子ども達の発達段階に応じた人間関係を通して人を大切にする心を育んでいいきます。 

子どもたちに育みたい三つの力

・学び続ける学力

 学校での学びは,子どもたちが将来生きていくための基礎です。学校で基礎学力をしっかりと定着さて,子どもたちが成長して独り立ちした後も自らの力で学び続けていける力を育てます。そして答えの出ていない課題に向かって,その解決に向けて考え行動できる力を育みます。

・人を大切にする豊かな心

 一人ひとりを大切にすることから,世界の平和は実現し一人ひとりも幸せになれます。発達段階に応じた人間関係の中で人を大切にする豊な心を育みます。

・たくましい体

 子どもたちの体力向上を図るとともに,健康な生活を送るための基礎を育みます。

 

スローガン

「地球人になろうよ!」

ヨーロッパ人による大航海時代から幕を開けたグローバリゼーションは現在も広がり続けています。そして現在私たちの社会には,国家的,地域的視野だけでなく,地球的視野に立って考えなければ解決できない問題が多く存在しています。しかし,現実には人々が地球社会を意識して考え行動することは多くなく,地球人として生きている自覚をもって生活しているとは言い難い状態にあります。世界の人々が同じ社会に属していることを意識して,地球の中に生きているという自覚をもって考え行動できる人材を育成することが大切です。

 「地球人」になるためにはどうすればいいか,みんなで考え行動していきましょう。

ブラッセル日本人学校   校 長 坂山 英治

 

                      

        


















 ページの先頭に戻る


     ・学校へのアクセス   ・転入学資料   ・サイトマップ
        Copyright
©2010  Japanese School of Brussels. All rights reserved.