diary

1月9日(土) 2021年授業スタート

​ 新年明けましておめでとうございます。冬休み明け最初の授業日です。放射冷却もあり今朝の運動場は真っ白。表面は凍っていました。水たまりがあったところにはちょっと厚めの氷も張っています。運動場に出た子どもたちは「せんせ~、見て、見てすべるよう~!」と元気。

朝から放送朝会、登校できない中学部にはオンラインで朝会を発信したのですが、放送状況が悪く途中で接続場所を変えたこともあって、オンラインで資料を見せるのを忘れていました。中学部は私の顔を見ながら、話を聞くだけでおもしろくなかっただろうな、と反省です。

 夏休み明け、冬休み明けはいつも「校長先生の漢字テスト」と名付けられた50問程度の漢字テスト。普通の業者テストの漢字のまとめのテストなのですが80点以上は表彰状あり。「むずかしい!」といっている子、ほとんど全て書けた子、様々です。

1月16日(土) 登校できていないけど中3企画「折り鶴大作戦!」 天まであがれ、たこ~たこ~あがれ

 11月から未だに登校が叶わない中学部、オンラインでもがんばってみんなで学習しています。残念なのは泣いても笑っても補習校生活最後の1年の中3。様々な行事が行えない、おまけに登校できない中で、この中3の生徒たちが何かできることがないかみんなで考えました。

 いくつか出た企画から全校のみんなに呼びかけできそうなこととして「折り鶴大作戦!」を実施。全校の児童生徒に家庭で折り鶴を折ってきてもらって、文字を作るというもの。「このコロナ禍で願いを込める文字」として、全校児童生徒の希望も募りながら決めた文字は「光」と「力」。まだまだ出口の見えないコロナ禍ですが、私たちが希望の光を見失わないこと、みんなの力を合わせてこの難局を乗り切ることを願った全校の作品です。あとは中学部が持ってくる折り鶴を貼り付ければ完成。

​ 小学部1年生は、今年できなかった「正月遊び」のうち、凧揚げを体験。数人のお父さんたちのボランティアで凧ひもを片手に運動場を駆け回りました。昨日の予報では雪だった天気もこの時間までは待ってくれたようで、指がかじかむような冷たい空気の中でも大はしゃぎで走り回る子どもたちでした。

1月23日(土) 1・2年生は買い物ごっこ 来週はオンライン音読発表 

​ 恒例の音読発表会ができなかった代わりにオンラインで学年ごとの音読発表を来週予定しています。各学年1週間前の練習です。体育館で実施するため教室より大きな声でがんばらないといけません。担任の檄が飛ぶ中、がんばっている子供たちでした。

​ 1・2年生は買い物ごっこ。1年生の上位語下位語の学習で、「さかな」という言葉には「マグロ」も「アジ」「タイ」も含まれます。「さかなやさん」には、こんな魚が売ってあるいうことを遊びを通して学んでいます。お店屋さんは1年生。買い手は2年生。ベルギーでは子どもだけで買い物をすることもないのでみんな楽しそうでした。

2020 ブラッセル日本人学校のホームページWix.comを使って作成されました