diary

8月21日(土)夏休み終了!前期後半スタート!
 補習校の夏休みも終わり、授業が再開しました。現地校はまだ夏休みなのに、今日も登校してくれてありがとう。まだ、バカンスでよそに行って残念ながら欠席している子もちらほら。それでも元気に登校してくれました。ベルギーはここ数日気温が20℃以下で半袖では肌寒い日が続きましたが、今日はちょっと汗ばむ天気。終日青空で汗をいっぱいかきながら運動場を走り回る子どもたちです。
 また、ほど全児童生徒が図書5冊、コミック2冊、DVD2本を夏休み前に借りていて、みんな今日の返却。図書室は返却された本で山積み状態。図書委員の皆さん、今日の当番の皆さん、そしてボランティアでお手伝いいただいた皆さん、本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。手早い作業ぶりで1・2年生の貸し出し時間にセーフでした。図書やコミックにもたくさん親しんでほしいものです。

IMG_0003.JPG
IMG_0002.JPG
IMG_0001.JPG
IMG_0005.JPG
IMG_0006.JPG
IMG_0007.JPG

8月26日(土)校長も授業してます! 課外社会科も始まりました。
 今日は私(校長;酒井)が小3(2クラス)と中3で授業をしました。小3は俳句の学習「五七五で遊ぼう」です。五七五のリズムのおもしろさを感じ取ってもらい、身近な言葉遊びととってもらうために教科書の俳句だけでなく、ドラえもん短歌も活用。「押し入れにざしきわらしはいないけど 〇〇〇〇〇なら いる気がするよ」さて、〇〇〇〇〇には何が入るか?さらには、最近交流を始めた長崎県松浦市立上志佐小学校から送ってもらった自作の俳句を紹介。同じ3年生が作った俳句とあって、真剣に見ていました。だめ押しは、教科書にある6首の俳句から自分の好きな俳句を選んで、イメージした風景をスケッチ。「古池や 蛙飛びこむ 水の音」。「この池はちっちゃい池?大きい池?」「カエルはどれくらいの大きさ?」「どんな音なの?」子どもたちは発想力豊かです。
 中3では、石垣りんさんの詩「挨拶~原爆の写真によせて~」です。この詩を読み深めるとはどんなことなのか?この詩の背景や表現技法を学習していきます。作者がこの詩に込めた思いとは?さすが中3の子どもたち、一つ一つの言葉に注目しながらはっきりしないところを読み深め考えることができました。本時のめあては自分の認知レベルで判断。最初の一読のレベルを3とすると、学習を終わったときの認知レベルはいくつになるかということで学習を進めます。なんと全員が満点の5。中には「5以上付けたらダメなんですか?」という声も。そして、自分の認知レベルが上がった理由もしっかり描くことができました。
 午後は小5~中1の希望者による課外社会科が始まりました。講師は篠宮先生です。第1回の今日は縄文時代の生活について。「イラストからどんなことに気付いた?」「生活している人々の周りに犬がいる!狩りにでも使っていたのかな」ううむ、なかなかの観察力です。ベルギーでは特に人々に愛さている感があるワンちゃんたち。縄文時代から人間の生活に近い存在だったんですね。

IMG_0018.JPG
IMG_0028.JPG
IMG_0034.JPG
IMG_0035.JPG

9月4日(土) 全校遠足
 補習校で唯一の校外行事「全校遠足」が2年ぶりに実施できました。小学部1年生~3年生はウイジンゲン公園、小学部4年生~6年生はプランケンダール動物園、中学部はミニヨーロッパです。前の週までは非常に不安定な天気だったので、雨の心配をしていたのですが、この週に入ってから全く天気の心配をしなくてもよい日が続きました。当日は朝から薄曇り。活動するにはうってつけの天気です。バスの中ではマスク着用、バスの乗り降りと昼食前は手指消毒をするなど感染予防対策はとらなければいけないものの、実施できなかった昨年度のことを考えると、こうやって全校で遠足に行けるだけでもありがたいものです。子どもたちは1日のびのびと補習校の子どもたちと一緒に遊びました。週1回しか会わない友だちとの大切案交流です。
 中学部ではミニヨーロッパでスケッチ大会。はがきサイズの絵手紙風の作品作りに集中して取り組みました。担任から「校長先生、賞を決めてください。」という依頼を受け、見ていますがどの作品も素晴らしく、甲乙つけがたいものばかりです。
 ボランティアでご協力いただいた保護者の皆様、朝早くからお弁当の用意などご協力いただいた各ご家庭のみなさま、本当にありがとうございました。
 

IMG_8798.JPG
IMG_8802.JPG
IMG_1841*いかだ.JPG
IMG-3625.jpg
20210904_103315.jpg
20210904_121451.jpg

9月11日(土)遠足スケッチコンテスト&授業力向上のための研究授業
 先週の遠足で中学部はミニヨーロッパのスケッチをしました。せっかくのスケッチなので、賞を決めることに。小6にも加わってもらって、6年~中学部の生徒で相互評価です。一人3枚ずつのシールを中学部各学年の気に入った作品の下に貼っていきます。なかなかの力作ばかりで、「ううん、どれにしよう・・・。」「先生、一つに決められないから、シール半分にして2つに選んでいいですか?」さあ、入選する作品はどれでしょう?
 土曜日だけとはいえ、土曜日だけだからこそ、授業は学校の命。子どもたちが集中できる楽しくて、わかりやすい授業づくりは我々教師の永遠のテーマです。これから、教頭と校長で各学級の授業をしてまわり、担任に授業を見てもらいます。お手本にはならないかもしれないけど、何か掴めるはず。先生も教えるばかりじゃあなくて、勉強してます!

IMG_0002.JPG
IMG_0007.JPG
IMG_0003.JPG
IMG_0006.JPG

9月18日(土)補習校の1校時目は言葉の学習から
 補習校ではだいたいの学年で1校時目は漢字や言葉の練習です。先生と空でなぞって書き順を確認しながらの練習。3年生は「柱」の活用として「電柱」が・・・。そういえば、ブリュッセルでは電柱見ないんだよね。子どもたちはしっかりわかっていて、「地下にうまってる!」そうそう、地下にうまっているのは、「電柱」じゃあなくて「電線」ね。

IMG_0001.JPG
20210918_092800.jpg
20210918_092730.jpg
20210918_114931.jpg

9月25日(土)スケッチコンテスト表彰 映画監督特別授業(ヴァン・ウェイエンベルグ美和子先生)
 9月に行った全校遠足で中学部はスケッチ大会。今日はそのコンテストの表彰です。6年生と中学部による相互評価をもとに、各学年最優秀賞1名、優秀賞2名を表彰しました。どの作品も力作ぞろいで審査も難しいところでしたが、子どもたちの相互評価を尊重した結果としました。芸術は好みもそれぞれなので、本当は全員に賞をやりたいところです。賞を受けた9名の生徒、おめでとう!
 そして、中学部はベルギー国内で映画監督、脚本家として活躍していらっしゃるヴァン・ウェイエンベルグ美和子先生を招いての特別授業です。美和子先生は補習校出身。日本のCMに魅了され、この世界を目指したとか。現在も日本人とヨーロッパ人の国際結婚家庭に生まれた子を主人公に映画の製作中です。美和子先生の話を一通り聞いた後は、グループに分かれて映画撮影のワークショップ。俳優、カメラマン、監督などに分かれて、自分たちの脚色により動画を撮影、編集までやってみます。カメラのアングル、カットの構成などグループでの協調性も試されます。一人一人の思いが違っていて、どう合わせていくかも大切なところです。日ごろは見ることのないちょっと違った世界を覗き見て、子どもたちの夢や視野が広がったことだと思います。

IMG_0008.JPG
IMG_0011.JPG
IMG_0016.JPG
IMG_0018.JPG
IMG_0023.JPG
IMG_0026.JPG

10月2日(土)音読テストに「中秋の名月」、餅つきリハーサル、くじら雲、次年度遠足候補地のプレゼン準備
 前期もあとわずかになってきました。評価に向けての取組もそろそろ佳境に入ります。5年生では一人一人音読のテストです。落ち着いてはっきりした声で読むことができたでしょうか?
 国語の学習では、季節ごとの日本の風習や俳句などの紹介のページがあります。4年生では秋のページ。中秋の名月の話をビデオを見ながら聞いていました。今年の「中秋の名月」(9月)は〇年ぶりの満月だったとか。
 PTA餅つき委員さん方は、1月の餅つき大会に向けてのリハーサル。昨年はコロナ禍で実施できなかったので、一昨年度の係の方に教えてもらいながらのリハーサルです。教える方がよかったのか、教わる方がよかったのか、バッチリの出来だったようで1月の本番が楽しみです。
 小1では、国語の学習の「くじらぐも」の学習のまとめで、自分の見てみたい「〇〇ぐも」を作って、お願いをします。ねこぐも、ユニコーンぐも、りゅうぐうのおつかいぐもなどユニークな雲がいっぱいでした。
 中2は国語学習で、プレゼンの練習です。テーマは来年全校遠足で行くとしたらどこに行くか?班ごとに候補地を決めてプレゼンです。今日はその準備。農業体験、チョコレートづくり、なかなか面白いアイデアが出ていました。

IMG_0001.JPG
IMG_0007.JPG
IMG_0004.JPG
IMG_0008.JPG
IMG_0006.JPG
IMG_0013.JPG

10月9日(土)「ちいちゃんのかげおくり」 新入生見学会
 小3では国語の物語「ちいちゃんのかげおくり」(あまんきみこ著)をまねて、いい天気の中「かげおくり遊び」をしました。自分のかげを見つめて10秒数え、空を見上げます。「見えた!見えた!」とはしゃぐ子どもたち。物語のちいちゃんの悲しい思い出になってしまいます。この期の子どもが感情移入しやすいいい作品です。
 そして、午後は来年度入学を検討されているご家庭の見学会。例年であれが実際に小学部1年生の授業を見てもらうところですが、コロナ禍のため動画等での見学会となりました。少しなりとも補習校の様子を感じ取っていただければありがたいです。セカンドスクールとしての補習校に通わせるかどうかは、やはりご家庭で悩まれるところ。いつでもご相談に乗りますので、ご連絡ください。

IMG_0016.JPG
IMG_0019.JPG
IMG_0018.JPG
IMG_0021.JPG
IMG_0020.JPG

10月16日(土) 日本の学校からお便り来たよ!
夏休み前に小学部5年生は、自分たちが平日に通っている現地校に関わる新聞を作りました。この新聞を今年度交流をしている長崎県松浦市の上志佐小学校に送ったところ、返事のビデオレターとともに私たちの「町じまん」「学校じまん」の手作りリーフレットが届きました。今日はこのリーフレットとを読んでの学習です。「和式トイレってどんなの?」「日本で人気のあるマンガ、それ、私も好き!」それぞれに感想を書いて、今度はこちらから日本に郵送です。ちょっと時間はかかるけど、待っててね、日本のお友達!

IMG_0034.JPG
IMG_0035.JPG
IMG_0036.JPG