diary

​12月に更新予定、お楽しみに・・・

IMG_0006.JPG
IMG_0007.JPG
IMG_0008.JPG
IMG_0013.JPG
IMG_0016.JPG
IMG_0019.JPG
IMG_0018.JPG
IMG_0021.JPG
IMG_0020.JPG

10月16日(土) 日本の学校からお便り来たよ!
夏休み前に小学部5年生は、自分たちが平日に通っている現地校に関わる新聞を作りました。この新聞を今年度交流をしている長崎県松浦市の上志佐小学校に送ったところ、返事のビデオレターとともに私たちの「町じまん」「学校じまん」の手作りリーフレットが届きました。今日はこのリーフレットとを読んでの学習です。「和式トイレってどんなの?」「日本で人気のあるマンガ、それ、私も好き!」それぞれに感想を書いて、今度はこちらから日本に郵送です。ちょっと時間はかかるけど、待っててね、日本のお友達!

IMG_0034.JPG
IMG_0035.JPG
IMG_0036.JPG

10月23日(土)朝の読み聞かせ 「放課後だけど 教えて先輩!~TOYOTAモーターヨーロッパ 森本先生に聞く~」
 1年半ぶりに保護者のボランティアによる「朝の読み聞かせ」を行いました。ボランティアの皆さんは、前の週から割り当てられた学年にどんな本が合っているのか「あれでもない、これでもない」と悩みながら、今回の本を選定してくださいました。朝からの読み聞かせはいいものです。バタバタと慌てて登校してきた子供たちも声を潜めて、じっと聞き入っています。ボランティアの皆さんも、時にはじんわりと時にはおどろおどろしく場面にあった声色で聞き手を引き付けてくださいました。終わった後は「校長先生、ありがとうございます。朝からじっと聞き入ってくれる子供たちの表情に温かくなって、心が洗われるようでした。」と皆さんに声をかけていただきました。お礼を申し上げるのはこちらの方。ほんのわずかな時間でしたが、ほんわかあったかい朝のひと時、本当にありがとうございました。
 そして、放課後は「放課後だけど 教えて先輩!」です。コロナ禍により昨年度は全く実施できなかったこのイベント、今回はTOYOTAモーターヨーロッパのExecutive Vice President(上級副社長)森本清仁先生をお迎えできました。森本先生は今年度ブラッセル日本人学校理事会(全日制・補習校共通)の理事長をお勤め頂いています。言わずもがな、大変お忙しい中、補習校の子供たちのためということで無理を言って時間を作っていただきました。日本でもこんなビックゲストを招いての学習会はかなりの無理があります。
​ 日本のモノづくりを支えてきた自動車産業に30年以上身を置いて第一線でご活躍してこられた経験から、この業界を目指された理由、自動車づくりを通して学んだこと、仕事の楽しさ、これからの自動車産業などについて話していただきました。そして、最後には子供たちへのメッセージ。「みなさんは私たちの宝物です」「自分の好きなことを思いっきりやってほしい」「物事は損得で判断するのではなく、善悪で判断すること」「本当に幸福を感じるのは人のためになること」と子供たちに伝えていただきました。子供たちからも「TOYOTAの好きなところはどこですか?」「一番新しい車ってどんなのですか?」など、質問攻め。実際の図面もお持ちいただき、細かに引かれた細かな線の数々に子供たちも興味津々。経験に裏付けされた深いお話を聞くことができました。本当にありがとうございました。

IMG_0044.JPG
IMG_0042.JPG
IMG_0040.JPG
IMG_0041.JPG
IMG_0037.JPG
IMG_0043.JPG
IMG_0066.JPG
IMG_0067.JPG
IMG_0075.JPG

10月30日(土)前期終業日
​今日は前期の終業日です。前期は24授業日、11月13日に始まる後期は16授業日です。1年間の半分と少しを終えたことになります。補習校ではそれぞれの終業日にあゆみ(通知表)を渡します。小学部1年生は始めてもらうあゆみ。担任から一人ずつあゆみを渡された子どもたちは、「ありがとうございます。」と言ったり、深々とお辞儀をしたりしながら受けとっていました。内容は一人一人の学習の様子を反映したものですから、もちろんそれぞれですが、月曜日から金曜日まで現地校に行って、土曜日にこうやって通ってくるあなたたちがえらいのです。後期は「音読発表会」や「餅つき大会」を予定しています。後期も元気に補習校に通ってきてください。

IMG_0079.JPG
IMG_0078.JPG
IMG_0085.JPG
IMG_0082.JPG
IMG_0083.JPG
IMG_0084.JPG

11月13日(土) 後期始業日
 ちょっとした秋休みも終わり、後期が始まりました。早速各学年、12月に予定をしている音読発表会に向けて、担当決めや練習にとりかかっています。コロナ禍の影響によって例年のように保護者の皆様にご来校いただいて全校一斉に行うということはできないので、動画の配信ということになります。それでも誰かに見てもらう、みんなの前で発表するということはそれだけでモチベーションが上がるもの。中には緊張してうまくできない子もあるかもしれませんが、ハードルがあってこその成長です。本番の動画撮影に向けて、子供たちの声が響き渡る校舎です。
 また、今回の教科書改訂の要点として、国語科では古典や日本の文化が見直され、俳句や短歌、古典といったものが随所に散りばめられています。小3は自分たちの作った俳句を5年生に見てもらって気に入った俳句にシールを付けてもらう活動を取り入れました。自分の作品を誰かに見てもらうということもこれからのモチベーションにつながります。5年生は廊下に貼られた3年生の俳句を真剣に眺め、一人に3枚もらったシールをどの作品に貼ろうかと真剣に悩んでいました。

IMG_0002.JPG
IMG_0006.JPG
IMG_0005.JPG

11月20日(土)全校オンライン授業
​ 職員に新型コロナウイルスの陽性が確認され急遽、全校オンライン授業に切り替えです。国内の感染状況も著しい増加傾向にあり、加えて若年層での感染拡大が大きな問題となってきました。ここまで、ちらほらとしか出ていなかった補習校児童・生徒の感染者も例外ではありません。
 そんな中のオンライン授業、ここまでくるとご家庭でも慣れてくださったのか、今日はトラブルの問い合わせが1件もありませんでした。
 私(校長)は担任の代講となり、午前午後合計8時間のオンライン授業をやってみました。うまくいくところ、うまくいかないところいろいろですが、子供たちに助けられながらの8時間です。手前みそではありますが、子供たちも本校職員もよくここまでオンラインのスキルを上げてきたものだなと、改めて感じた1日でした。 

1637394506092 (1).jpg

11月27日(土)全校オンライン授業(2週目)
​ 先週から急に感染者が増えだした補習校、感染拡大の’予防のため大事をとって今週までオンライン授業です。ちょうど算数・数学では図形の学習を行っているところも多く、オンラインの画面で図形をどう理解させるかはかなりの工夫が必要になってきます。
 2年生は九九の学習中です。今日で1の段から6の段までを終了。現地校ではない九九の暗唱です。がんばって覚えるといいことがあるよ!

 

IMG_0011.JPG

12月4日(土)3週間ぶりの登校は盛りだくさんです
 新型コロナウイルス感染拡大予防のため先週先々週をオンラインにしていたため、3週間ぶりの対面授業です。冬休み前に終わらせなけりゃあいけないことがいっぱい。全校文集の下書きを仕上げて、音読発表会の練習、小2はかけ算九九を覚えて、中3は校長に向けて「卒業前インベントのプレゼン」。大忙しの全校登校です。初めて全校文集の原稿を書いている小1の子供たちの字は、4月とは比べ物にならないくらいにきれいなり、表現も豊かになってきました。
小2ではかけ算九九を友達と唱えあって、習熟を図ります。
 今年も昨年に引き続き、音読発表会は動画配信。そのための練習も佳境に入ってきました。ちょっとした小道具を作って、子供たちのモチベーションを少しでも上げようと一生懸命の学年も。
​ 中3の卒業前イベントのプレゼンは、「学校でのお泊り会」。自分たちの提案する理由から、細かい計画、留意事項に至るまで、なかなか緻密な計画です。でも、一番いいのはチームワーク!男女関わらず、文字通り一丸となっての提案です。あまりの出来の良さに「よし、やろう!」と言いそうになりましたが、なんせ今はコロナ禍でも最悪の状況。この状況が好転するのを待つか、代案を考えるかです。

IMG_0012.JPG
IMG_0011.JPG
IMG_0021.JPG
IMG_0020.JPG

​12月11日(土) コロナ禍を縫って音読発表の撮影
 子供たちが月曜日から金曜日まで通っている現地校からはひっきりなしに、学校閉鎖、学級閉鎖の情報が入ってきます。補習校でもオンライン従業への切り替えなどあるところ、音読発表の動画撮りに必死です。現地校の学校閉鎖などに伴い登校できない子も出てきたため、なかなか全員揃うことだできません。でも、できるだけ全員に近い人数で録画したいものです。あと一息でご家庭に公開することができそうです。
​ 

IMG_0035.JPG
IMG_0037.JPG
IMG_0033.JPG
IMG_0032.JPG

12月18日(土)今年最後の授業日です
​ 今日で今年の授業は終わり。明日から冬休みです。国内のコロナウイルス感染拡大により、音読発表のビデオ撮りが遅れて、今日までかかった学年もありましたが、無事終了しました。まもなく保護者の皆様にご案内することができます。
 今日の授業、1年生は日にちの読み方。「一日(ついたち)」「二日(ふつか)」まあ、これくらいまではわかるけど、「八日(ようか)」「二十日(はつか)」なんていうのは。とってもわかりづらいですよね。私も遠い昔に(ようか)と(はつか)どっちがどっちだか訳わからなくなった覚えがあります。
 小2は国語の学習「馬のおもちゃのつくりかた」の学習として、紙コップと松ぼっくりでけん玉づくりです。作ったら1分間で何回入れられるかの競争です。
​ 今年もこんなコロナ禍の大変な中、どうにか教育活動を進めることができました。これも保護者の皆様のご協力のおかげです。心より感謝いたします。新しい年が皆様にとって幸多きものでありますようお祈り申し上げます。

IMG_0038.JPG
IMG_0053.JPG
IMG_0051.JPG
IMG_0049.JPG
IMG_0047.JPG
IMG_0046.JPG