diary

4月3日(土) 令和3年度授業スタート

 新しい年度のスタートです。新しい先生、新しいクラスメート、でも、Covid-19の影響によりしばらくはオンライン授業確定です。そんな中でも子どもたちの表情はキラキラ。今年度の小学部新入生は49名、中学部は13名、全児童生徒数は271名です。

  小学部1年生も初めての補習校での学習、オンラインで受講をするのが初めての子もいますが、元気な声がパソコンの画面から聞こえてきます。まずは、ひらがなの練習から。画面を見ながら書き順を確かめてていねいに書きていました。1年生は30分2コマの授業でしたが、よくがんばりました。

 2年生以上はオンラインにもすっかり慣れて、40分4コマでも集中してがんばっています。新しい学年を、補習校を精いっぱい楽しんでほしいこの1年です。今日のスタートに向けては保護者の皆様に全面的にご協力いただき、心より感謝申し上げます。この1年よろしくお願いいたします。

4月10日(土) オンライン授業2回目です

 今年度になって2回目のオンライン授業です。まだ、先週の始業のワクワク感も残っているような感じもします。そして、新しい教頭先生、吉田恵子教頭の紹介動画を見ての今日の授業です。授業の最初、学級によっては教頭先生クイズ。「教頭先生のフルネームは?」「日本のどこから来たの?」「日本ではどんなことを教えていたって言ってた?」さあ、教頭先生クイズに答えられるだけ、子どもたちはしっかりと見てくれたでしょうか?動画の配信だから、復習もできますよ。何度も見て「教頭先生通」になろう!

4月17日(土) オンライン授業3回目

​ まだオンライン授業が続きます。昨年度の経験もあって、オンライン授業も少しずつレパートリーが増えてきました。オンラインで音読リレーをやる学年、グラフや写真などの資料を提示し学習を進める学年、YouTubeの動画を活用する学年いろいろです。登校による対面授業に代わるもではないかもしれませんが、担任の工夫も見られます。4校時終わりごろには「せんせ~、5じかんめないの?」という声も。そういえば、昨年度はオンライン授業開始が遅れたこともあって、後半は5校時授業でしたから…。よくがんばったよね。子どもたちも、担任も。

2020 ブラッセル日本人学校のホームページWix.comを使って作成されました